映像制作会社に依頼してから納品までの流れについて

映像制作会社に映像の制作をお願いしたいものの、流れが分からなくて躊躇してしまうという方に軽く流れを説明させていただきます。
まず最初に、担当者と打ち合わせをします。ここで打ち合わせるのは、どのような内容の映像にしたいかという点です。ですので、依頼する側がある程度のコンセプトを固めていないといけません。どうしたら良いでしょうと完全丸投げ状態ですと、思っていたのと違ったり、思わぬ時間がかかってしまったりと良いことがありません。必ずコンセプトは固めてください。
そして次に、絵コンテを作成します。これはザックリでも良いです。絵と説明文を見ながら、こんな感じでと進めていきましょう。実際、当日の撮影の雰囲気によっては絵コンテ通りにはいかない場合も多いですからね。
そして絵コンテに沿って映像を撮影しましたら、映像制作会社とヒアリングします。その後、映像制作会社が編集をしてくれます。依頼者はその完成を待ち、出来上がった作品を確認してください。そこで問題が無ければ終了し、気になる点があれば映像制作会社へ連絡をして修正をしてもらってください。こうして何度かやり取りをし、問題が無ければ納品をして完了です。
ここまでが映像制作の納品までの流れになります。特に難しいことはありませんので、どのようなコンセプトなのかだけ考えて依頼をするようにしてください。短期間で非常にクオリティの高い作品を手に入れることが出来ますからね。