動画制作でナレーションを入れる時の注意点

最近は自分で動画制作をして、ネットに上げる人も増えています。もちろんブログやSNSであっても、自分の考えや意見を発表することはできます。ただしこれらは文字が主体になっています。その点動画制作をしてアップすると、映像で自分の考えを表現できるので、ネットユーザーの注目を引くことができます。無論動画制作といっても、本格的な機材で撮影をしたものもあれば、画像を集めて編集したものもあります。映像や画像、あるいはBGMにどれを選ぶかで、その動画の与えるイメージは大きく違ってきます。そしてもう一つ、動画にナレーションを入れる場合は声に気をつけましょう。特にふだん人前で話すのに慣れていない人は、せっかくのナレーションが一本調子になりがちです。自分の声がどのように受け止められるか、家族や友人にチェックしてもらうといいでしょう。また動画自体がシリアスな感じなのに、ナレーションが明るい雰囲気とか、逆に楽しそうな動画なのに、声が沈んでいるようでは、せっかく制作した動画のイメージが薄れてしまいますので、ナレを入れる場合は特に注意しましょう。