映像制作会社にはどんな業務や役割があるか?

映像制作会社と一口に言っても、様々な部署があり、沢山の業務や役割があります。もちろん、会社によって役割の種類は異なってくることと思われますが、演出、証明、撮影、美術、録音、制作、俳優、編集などが大まかな割り振りです。制作する内容により、他の役割があったり、細分化されていることもあります。それぞれが、それぞれの役割をこなすことでひとつの作品を制作していきます。
録音、撮影、証明、美術、俳優は名前から想像がしやすいと思いますが、制作、演出はどうでしょうか。制作は映像を作るための取り仕切りです。また、演出は簡潔に言えば、映像自体の取り仕切りです。
映像を作るための取り仕切りとは、例えば撮影するためのスタジオやロケを敢行する場所の手配、撮影機材の手配などが挙げられます。
次に映像自体の取り仕切りとは、作成が手配したスタジオ或いはロケをする場所をどのように使うのかを決定し、美術へ作成を依頼します。そして、それをどのように撮影するのかを撮影、照明へ説明をします。
以上が簡潔な映像制作会社の業務・役割です。前述しましたが、会社や制作内容により、役割は他にも様々あります。簡潔なものであることを、ご承知ください。