優秀な映像制作会社は要件定義をしっかりと把握できる

クライアントの望む映像コンテンツを作るために、優秀な映像制作会社の選択は重要なことですが、豊富な制作実績を持ち潤沢な資金を投入すれば、理想のコンテンツが製作できることは当然のことです。
しかし、それ以上に選択する上で見極めなければならないことは、こちらの要望をしっかりと理解してくれて、明確な要件定義までも作りあげることができるかどうかです。
こちらの望むコンテンツのコンセプトや活用目的、そして予算まで含めて、どのような条件になるか、具体的な要件として、整理して、クライアントに提示できるコンサルティング能力が求められます。
この要件さえ固まれば、どの程度のスタッフ、機材を使い、制作できるかが見えてくるはずです。
要件が高すぎて、予算を縮小しなければならないケースも出てきますが、それでもどの程度までクオリティーを落とせばいいのか理解することもできるでしょう。
そのような意味で映像の素人であるクライアントから具体的な要望をヒアリングして、それを具現化できるようにトータル的なコンサルができるかどうかが、優秀な映像制作会社だと思います。