WEB動画制作の編集および納品にかかる費用

WEB動画の制作には、編集および納品にかかる費用も必要になってきます。
まず、編集の手順は以下のとおりです。

「撮影したカットのうち、どれを使うか」「どうつなげるか」といったことを決める「仮編集」を行います。

次に、色などを調整する「本編集」を行います。 その後、音のバランス調整などの「MA」を行います。これらを、「編集スタジオ」という場所で行います。 仮編集は、だいたい1時間で5万円です。

本編集には、仮編集の倍程度の金額がかかります。MAは、本編集よりは若干安めです。これらの他、ミキサーなどの人件費もかかります。

次は、納品にかかる費用です。
インターネットに上げるためには、動画の体裁を整える「コーディング費用」がかかります。

動画を手元に置いておきたい場合は、DVDやブルーレイに焼く「アーカイブ費用」がかかります。アーカイブを作った場合、それを管理するための費用も必要です。CMであれば、放送局に完成品を渡すための「プリント費」がかかります。